「アロマテラピーを仕事にする」ということ

「aroma 空間デザイン」
~オリジナル香~のご依頼を頂きました😊
微調整を行い、本日午後のお引渡しとなります♡
"マイホームを彩る香"
クライアントさまのイメージ通りに仕上がっていると良いなぁと思っています。ドキ(*´ェ`*)ドキ

午前中は
開講日です🌙.*·̩͙

✽+†+✽――✽+†+✽――✽+†+✽――
まもなく 開業から満9年を迎える当店🌿
まだまだ 経営者として🐤ひよっこ🐤ではありますが…
地方の小さなアロマスクールのなんてことないこのようなHPに、毎日50名以上の方が訪れて下さっていることを光栄に存じます😊
「参考になることが書いてある!」
「アロマ愛が溢れたblogですね!」
と、信頼を寄せて下さる方々がいらっしゃることも嬉しく存じます😊😊

【「アロマテラピーを仕事にする」ということ】
講師&セラピストaoki目線で、偉そうに語ってみたいと思います!(* • ̀ω•´) シリーズ化の予感♡
目にする機会が(SNSから離れているので)減ったとは言え…
"残念すぎるサービス提供を行うアロマ従事者が居る"
という話を立場上、未だ見聞きすることが多く、今1度注意喚起を兼ねて、このような記事をupするに至りました😅

報告を頂き、目にしたものの中には
「なんていう精油の使い方(原液を掌に垂らして嗅いでもらう等)をしているの?!」
「飲みものにいれてお客様に飲ませちゃったの?!」
「禁忌もあるだろうに、なぜその精油を使ったの??」
と、セレクト精油もその使用方法も謳い文句的なものも、一般的なアロマ業界の常識を逸脱しすぎているものが多数ございました😢
そのサービス内容の殆どが、
お客様のことを考えたものではなく…逆に、甚大な健康被害への懸念を抱くものでした😢😢悲しくなります。

理解に苦しむ記事(活動レポ)を書くような
WS担当者や講師、セラピストに向け
「きちんと勉強した上で、お客様に提供して下さい!」
とまで、私が申すことはございません。
(当スクール在学生・卒業生さま、同協会のアロマ関係者さまからアドバイスや指導を求められれば、お応えします)

ただし、
"アロマテラピーの基礎"= "守らなければならない最低のライン" ※下記参照
を踏み越える行動の数々は、
「写真映えするし、万人受けするからいいよね。」
「単発の講座(イベント出店)だからいいか。」
「今までトラブル起こったことないし。」
等、軽い気持ちで終わらせてはいけないレベルです。ご自身のレベルを認識した上で、責任を持ってアロマテラピーに従事頂きたいと存じます。

日々の活動におかれましても
アロマテラピー関連法規(薬機法、医師法、あはき法、景品等不正表示法等)にふれないこと
を、意識付けて頂きたく存じます。

✧︎精油は希釈をして使用する
✧︎精油は飲食しない
✧︎グレープフルーツ、レモン、ベルガモット(柑橘系果皮圧搾法で採られた精油)などフロクマリン類を含む精油は光毒性があること
✧︎ケトン類を含む精油は神経毒性や堕胎作用があること
✧︎芳香族化合物、官能基-cho(アルデヒド基)を含む精油は皮膚刺激があるため、その他の精油と比べても十分な希釈が必要であること
等、何もご存知でないお客様にもわかりやすくお伝えする義務があります。
※私ならば禁忌のある精油のセレクトは勿論行いませんし、不特定多数の方がいらっしゃる現場には持ち込みません


今後、
様々な場所で提供されゆくアロマテラピーサービスが
アロマテラピーを求める皆様方にとって
最善ものであり、
安心・安全で快いものでありますように✧︎*。
心より願っております🌙*.。★*゚