MD法が、治療・予防に取り入れられる時